列車見張

Train watch

列車見張とは

鉄道の運行と作業者・利用者の安全を守る大切な役割

画像

当社では、JR東海 飯田線・中央西線の安全を守る、列車見張員を養成し日々の業務にあたっております。
列車見張員は、毎日の鉄道工事が安全に行なわれるよう、通過する鉄道はもちろんこと現場の作業者やその周囲の安全を確保することが主な業務です。一般的な警備員と同じように思われがちですが、列車見張員は鉄道専門の特殊な警備業務であり、仕事を行うためには特別な資格が必要になります。

行き交う電車を見張り、時には重機械を誘導し、工事中に事故等が起こらないよう、駅の利用者を誘導します。一見簡単そうで地味な仕事と思われるかもしれませんが、電車を毎日安全に運行し利用していただくためには、線路や駅構内のメンテナンスは必要不可欠です。

決して目立つ業務ではございませんが、作業者が工事に集中できる環境を作り列車の安全を最優先に守る、なくてはならない大切な仕事です。
  • 現場の
    安全確保

  • 列車の
    進来監視

  • 列車の
    保護

  • 工事に伴う
    旅客誘導

列車見張員の仕事

列車見張

鉄道工事は、列車が行き交う合間で作業を行いますので、列車の接近時は工事を中断し線路上等に作業員や支障物がないことを確認することで、大事故を未然に防いでいます。鉄道に関する専門的な知識やダイヤの見方を把握した列車見張員が、作業中もそれ以外の時も列車の進来に注視し、列車が接近した時には適切なタイミングで合図を出し作業員および列車の安全を守ります。
また、万が一の事故が発生したときや発生の恐れのある場合には、直ちに列車停止の手配を行い被害を最小限に抑えます。

重機誘導

施設内や線路内での工事は、重機械の転倒や転落、施設や作業員との接触により、列車運行に多大な支障を与え旅客や作業者へ重大な危険を及ぼす可能性があります。
列車見張警備のプロとして、重機械への運転合図および誘導を適切に行い、万が一の事故発生時には、いち早く列車防護の手配を行い被害を最小限にします。

利用者誘導

駅構内の改良工事を行う場合は、旅客の方がいる中での作業となるため、保安対策により通路が狭くなることで旅客が列車に接触したり線路に転落する事故を未然に防ぎます。
また、工事内容によっては旅客を迂回させることで、これまでと違った動線を辿らせることに起因する混乱等も多々発生しますので、飯田線・中央西線に精通した当社の列車見張員が、適切に案内・誘導することにより危険を回避でき旅客の方のストレスを軽減することができます。

お問い合わせ

列車見張に関することなら当社にお任せください。

長年の実績で、安心・安全な列車見張りをご提供いたします。
求人に関するお問い合わせも、下記よりご連絡ください。

0265-24-4858(代表)0265-22-8455

0265-22-8456

  • 会社案内
  • お問い合わせ